各学部の教育

各学部の教育

                  教育目標と指導の重点

(1)小学部
    
◎教育目標
      ・ともだちとなかよくする子(社会性)
      ・げんきにかつどうする子(心身の健康)
      ・じぶんからすすんでとりくむ子(自主性)
    
◎指導の重点
      ・一人一人の実態をしっかりと把握し、指導目標を明確にする。
      ・日常生活に必要な基本的生活習慣を身に付ける。
      ・個に応じた学習指導法の工夫と改善
      ・子供の興味や意欲を引き出すような教材、教具の工夫と精選
      ・様々な体験を通して、経験の幅を広げる。
         

(2)中学部
    
◎教育目標
      ・体調や生活リズムを整え、健康で安全な学校生活が送れるようにする。
      ・心の成長を図ると共に、一人一人の個性を伸ばし、豊かな自己表現ができるようにする。
      ・友達との活動を通して集団の一員としての認識を高め、社会性が身につくようにする。
    
◎指導の重点
      ・個々に応じた健康安全面を配慮した基本的生活習慣・基礎学力の習得。
      ・人との関わりを深めるためのコミュニケーション能力の拡大。
      ・できることは自分でやるという気持ちの育成。
      ・集団活動への積極的な参加意欲の育成。
(3)高等部
    
◎教育目標
      ・友達と仲良くし、助け合う。
      ・元気に活動する。
      ・社会参加に向けて、主体的に取り組む。
    
◎ 指導の重点
      ・生徒の健康管理を十分にし、健康で安全な生活の確保に努める。
      ・生徒一人ひとりに応じた学習指導方法の工夫と改善に努め実施する。
      ・社会や自然に接する機会を多く持ち、経験の幅を広げる。
      ・卒業後の社会参加に向け、指導内容の充実を図り能力の開発に努める。   
      ・個々のニーズに応えられる進路先の開拓に努める。

教育課程(時間割編成)
  児童生徒の障害の状況が重度・重複・多様化している現状から、一人ひとりの実態に合った教育課程を編成している。学習指導要領における教育課程編成の特例並びに県教育課程編成要領に基づき、以下4つの「類型」を参考にしながら、児童生徒の障害の多様化に対応した教育課程を用意している
「類型」

類型T

類型U

類型V

類型W

 各該当学年の各教科・領域の目標及び内容に準じた学習内容により編成される。  各該当学年の各教科・領域の目標及び内容の一部又は全部を、前各学年の各教科・領域の目標及び内容の一部又は全部に替えた学習内容により編成される。





※学習指導要領「重複障害者等に関する教育課程の取り扱い1」

 肢体不自由の児童生徒が知的障害を伴う重複障害である場合、各教科・領域の目標及び内容に関する事項を知的障害の特別支援学校の各教科・領域の目標及び内容に替えた学習内容により編成される。


※学習指導要領「重複障害者等に関する教育課程の取り扱い2」

 重複障害者のうち、比較的重度であったりする場合、各教科・領域の目標及び内容の一部又は全部に替えて、自立活動を中心とした学習内容により編成される。



※学習指導要領「重複障害者等に関する教育課程の取り扱い3」

指導にあたっては4つの類型に児童生徒をあてはめるのではなくこの類型をひとつの目安として、学習の効率化と個に応じた指導を行うために、さらに細かな学習グル−プを編成するなどの配慮をしている。

領域・教科 主な学習の内容
日常生活の指導  排泄、着脱、あいさつ等、日常生活全般にわたる学習。
生活単元学習  季節や行事、体験的な学習を主とし、将来の社会生活において必要となる実際的な力を身につけるための学習です。
自立活動  まわりから働きかけ感じ取り生きていく上基本となる力を身につける主に食事や排泄面における自立性向上、人とのコミュニケーション能力の獲得嬉しい、楽しいなどの情緒性の向上、心や体のリラックスなどが目的なります。
遊びの指導  遊びを学習活動の中心に据えて、身体活動を活発にし、仲間とのかかわりを促し、意欲的な活動を育てていくものです。
 遊びの指導には、各教科の内容をはじめ、道徳、特別活動及び自立活動の内容が含まれています。
特別活動  生活単位としての学校・学部・学年・学級への所属感を深め、社会性や人間性を培います。
作業学習  高等部では、将来の社会生活において必要となる作業的職業的な能力を身につけますさをり織り、紙すき、陶芸等を行います。

各学部の紹介
小学部 中学部 高等部
自立活動 交流教育 進路指導
トップ アイコントップページへもどる